-

中古車を売るさいには委任状が要ることがよくあります。それでは委任状というものはどういうものなのかといったことや実際にどういうケースで用いられるのかを解説していきます。

委任状とは委任状というものはクルマの名義を変える際にオーナーが立ち会い不可能な場合に、誰かにお願いするということをオフィシャルに記録した書類です。すなわち、誰か他の人に任せてあることを、委任状で裏付けます。委任状を必要とする場面委任状が要るのは、車買取のときに、中古車の持ち主である当人がその場に同席できない時です。クルマを買い取るということは、名義を変えるということなのです。名義変更手続きは前オーナーとされる者どちらも必要なものになりますが場合によっては不可能なこともあります。そして本人がそこにいないのに名義変更をする必要がある場合は委任状があってはじめて手続きができるようになります。名義変更の手続きを代わりにやってもらう場合に必要になってくるということです。車買い取り専門店やディーラーの場合委任状は必須買い取り専門業者やディーラー経由での買取というやり方が、最も普通の中古車手放し方です。それに、これらの売却相手はまずほとんどの場合名義変更を代わりにお願いできます。名義の変更を代理していただけるので、複雑な作業が省けるということですがそのために要る書面が委任状なのです。自動車買取専門業者やディーラーが準備した委任状へサインするというのが通常です。普通は必要不可欠な書類買取の際の委任状はどうしても必須というわけではないものですが自分が売却したクルマの名義の変更に出向くことが難しくない人というのは珍しいと思います。当然知人に対する取引で手続きに二人とも立ち会うことが可能ならば問題ありませんが現実的ではありません。なので基本的に委任状の書類は車買取のさいの必要書類となります。中古車買取とリサイクル料についてあまり知っている人は多くないと思いますが車には「自動車リサイクル料」が課せられています。まずリサイクル料について説明いたします。

自動車リサイクル料とはリサイクル料は自動車リサイクル法で定められたものです。自動車を適切に廃車にするためにオーナーが支払わなければならない税金です。自動車リサイクル料の料金についてリサイクル料は、クルマのクラスやETCが付属されているかなどクルマそれぞれで変わります。普通は2万円以内くらいで収まります。さまざまな要因で料金は変わってきますが、車検の際に納付するときには、出回った時点での状態に倣います。自動車リサイクル料の支払い自動車リサイクル法は今から7年前に出来上がりました。なので2005年1月よりあとに新車登録された場合はもう新車の購入の時に支払済みです。また平成17年1月以前に購入した場合も車検の時に払うことになっています。また、リサイクル料をもう納めている車を購入するときには車の購入時に支払わなければなりません。つまり、最後のあなたが自動車リサイクル料を負担するということなのです。リサイクル料の自動車売却の際の対処車を手放すときには支払済みの自動車リサイクル料は還付されます。というのは、リサイクル料が最終オーナーに料金負担義務があるためです。ですので払っている中古車でしたら最終持ち主が変わりますので、売った時に支払っている額が還ってきます。ですが廃車処理をした場合戻ってこない為覚えておきましょう。