-

自動車重量税、別称重量税は国産メーカーの車もしくはドイツ車など自動車の生産国やプラグインハイブリッド車、ステーションワゴンなど自動車の形状も例外なく、ニッサンやメルセデスベンツ、等にも納付しなくてはいけない税金なんです。新車登録の場合、または車検に出す際に納付するお金です。この支払額はその愛車の車重により決定されます。「自動車重量税」と「自動車税」はまったく異なる概念のため基礎となる税金を理解して一緒にしないようにする必要があります。「自動車重量税とはウエートにより」「自動車税という税金はクルマの排気量で」その金額が変わります。買い取りの時の対応も異なってきますから、注意しましょう。車を手放す際には既に支払った税金がいくら残っていてもその金額が還付されるということはないですが、一方で自動車税であれば既に支払った残存税額を査定額に乗せてくれるような事例があるものの重量税の場合は足されるようなことはなかなかないでしょう。重量税については手放す際に支払った税額があるとはいえ買取専門店側でその事実が考慮される場合はまずないです。そのため次回の支払い、分かりやすく言えば車検まで処分を少し待ち買取っていただくというのが無駄がないでしょう。車引き取りの時は考慮していただけないのが重量税ですが特別な事例でしたら返ってくることがあります。それは車検の効力が残っているクルマを廃車として処理する時。というのは、廃車申請をした際に残っている期間に応じた額が返ってきます。ただし、中古車買い取り時はその車が廃車されるのとは違うので戻ってきません。さらに、売却する車の名義の変更をした時や盗難にあった時なども返還してもらうことは不可能です。自動車重量税の残存期間がある車を買い取るというのは、要は車検が残っている車ということになります。それを買取側も計算に入れますので重量税が残存していれば、少しは売却額があがると思います。勿論査定額は店舗次第で変わりますが車検がまだあることを考慮していただければクルマの買取額からみるとそれほど払い損と考えることもありません。