-

カードの強制没収と言われるのは、その名前が表す通り有無を言わさずクレカを退会(停止)されてしまうことを指します。強制失効となった場合言うまでもないですが対象のクレジットについてはその時点より先は完全に利用不可になります。強制失効扱いとなってしまう事情は様々・・・クレジットカードを理由の如何にかかわらず没収扱いとなってしまうパターンは色々です。基本的に毎日の買い物にて用いる等クレジットを切っている限りにおいては、利用者が強制没収扱いとなるパターンなんて十中八九ありませんので安心して欲しいと思いますが、強制失効となってしまう原因について覚えておくということができればクレカを今よりも安心して利用できるようになると思うため、以降の文章ではその実例について記述できればと思います。言えるものはカード発行会社に対して信頼がなくなってしまう行動をしてしまったりすることまたはクレカの会社へ不利益となる愚行をすることがなければよほどのことがない限り強制失効などはありえないと言えるでしょう。健全に利用するということが一番ですので過去に当てはまる行動をした経験のある読者がいらっしゃれば、ちゃんと良い履歴にできるよう念頭において欲しく思います。カードの利用代金を支払いしない)これについては甚だ論外の話であるのですがクレカで使用した請求をクレジットカードの発行会社に返済しない費用の不払いをする場合、または常日頃から借金生活のため代金の弁済が滞ってしまうという場合は、絶対に強制失効という扱いになることになります。元はといえば発行会社はユーザーを信用してクレカを渡しているのであり、あなたが弁済をできない場合には蓄えた信用性は全部なくなってしまうでしょう。このような理由でクレジットを使用不可にする手段でさらなる損害拡大を止める対応を講じなければならないことから強制没収になってしまいます。